マラッカ(2)





マラッカでは『BABA HOUSE』というホテルに滞在してます。
経営してるのは華僑らしく、ホテルのほかに美術館も経営してるとか。





みんな朝から外食してます。
まずはホテルのある中心地から郊外に向かって歩いてみました。とにかく日差しが強くて目が痛い、、、





海の浅瀬でお父さんが仕事してます、手に持ってるのは博物館に展示してあった昔ながらの漁の道具。







ずいぶんと歩いて、ようやく観光名所へ。景色を期待してたどり着いたのは『セント・ジョンの砦』です。
「18世紀後半に、オランダ軍により建設されたマラッカ南方防衛要塞跡。眉唾モノの伝承によると、オランダ軍がスタダイスの裏手にあるセントポール丘の教会 から、このセントジョーンズ要塞まで秘密の地下道を築き有事の際には、脱出トンネルとして利用する計画があったとか・・・」って、誰かのブログに書いてました。





市街地に戻る途中で飲んだマンゴーの生ジュース。今のレートで約75円のこれがウマかった。
お父さんの背中から味への自信が伝わってきます。





民族博物館で気になったのは定置網(実家の仕事)の原型のような家(小屋)と一体になった『FISH TRAP』。
右の大きく広がったところから左に向かってだんだんと狭い所へ魚を追い込み、最終的に網に入っていくようになってます。







有名な教会跡へ。
『ポルトガル軍によって1521年に建てられました。日本でもお馴染みのセント・フランシスコ・ザビエルは1545〜1552年の期間に定期的にこの教会を 訪れ、布教活動を行っていました。中国の布教活動中、熱病に冒され殉教した後、その聖骸が9ヶ月の間この教会で安置されていました。』って、誰かのブログに書いてました。





最後はタイガービールのジョッキに入ったギネスでシメました。
約200円。本物かな?

明日(28日)はシンガポールへ戻って、深夜便で帰国です。


2011.06.27 Monday  旅のこと     comments(0)  trackbacks(0)





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック